債務を知ってから3カ月以内?〜相続放棄についての上告審判決〜

2019年8月9日、最高裁判所が初の判断を示しました。

「債務を知ってから3ヶ月以内であれば相続放棄できる」

債務を残して死亡した伯父について、相続放棄をしないまま父親が死亡し、その債務を承継した子供は、いつまで相続放棄できるのかが争われた訴訟の上告審判決です。

民法第915条では、「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3カ月以内に、相続について、単独若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。」と定められています。

この裁判では、再転相続があった1次相続人である父親が、相続の承認または放棄の意思表示をしないまま死亡した場合、2次相続人である子供の熟慮期間(放棄できる期間)である3カ月の起算点は、いつであるかが争点でした。つまり、父親が死亡したことを知ったときなのか、父親が伯父の相続をしていたことを知ったとき(子供自身が相続人になったことを知ったとき)なのかという点です。

通説では、父親が死亡したことを知ったときでした。しかし今回の最高裁判所の判決では、親族の債務を相続していたことを知らないまま熟慮期間が始まるのは、相続の承認または放棄を選ぶ機会を保障する民法の趣旨に反すると指摘し、起算点は子供自身が相続人になったことを知ったときであると判断しました。

今回の判決は、相続人が有利になるもので、今後、債権回収の実務や相続手続きに少なからず影響を与えることでしょう。

豆知識
再転相続とは、親族が相次いで死亡した場合に起こる相続です。例えば、父親が死亡(1次相続)したもののその相続について手続きをしないうちに、母親も死亡(2次相続)したというようなケースです。
相続放棄に関しまして詳しく知りたい方、また、疑問等がございましたら、相談を随時受け付けておりますので、是非一度ご連絡ください。お電話でのご相談は30分まで無料でございます。多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。まずはあなたの疑問をお聞かせください。声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです。

LINE@相談も受け付けております。

友だち追加数


声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです

相続でお悩みの方は、是非、相模原市矢部駅前の司法書士法人「駅前双葉相談事務所」にご相談下さい。

相続-無料電話相談実施中!

専門的な知識を必要とすることは、悩んでいても先に進みません。まずはお電話ください。解決までの道筋をご案内させていただきます。お電話でのご相談は30分まで無料ですのでご安心ください。多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。

相続-無料訪問相談実施中!

当職が直接お客様のご自宅に訪問し、お話を伺わせていただきます。書面によるご案内ができるため、お客様のお悩み解決までの道筋を、詳細にスピーディーにご案内できます。また、お客様の資料を拝見させていただくことで、気が付かなかった問題点を発見することができます。
※お客様のご自宅が相模原市・町田市以外の場合は、矢部駅からの移動費を頂戴させていただいております。

相続-無料LINE相談実施中!

LINE@でのご相談も受け付けております。

友だち追加数

まずはあなたの疑問をお聞かせください。
声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです。

相模原市 矢部駅前の司法書士法人「駅前双葉相談事務所」