配偶者の兄弟も相続人になることがある?!

相続が発生すると、配偶者と子が相続人になることは広く知られています。では、配偶者も死亡し子がいない場合は誰が相続人になるのでしょうか。相続分の割合も併せてみていきましょう。

下記の図の場合、被相続人(夫)「A」の相続人は誰になるのかを検討します。

条件
  • 被相続人「A」の死亡後に妻「G」が死亡(数次相続といいます)
  • 被相続人「A」と妻「G」の間には子がいない
  • 被相続人「A」と妻「G」の両親はすでに死亡
  • 妻Gの兄「H」も死亡(※死亡時期により相続人が変動)

数次相続が発生すると相続関係が複雑化することが多いのですが、この図の例でも同様です。妻「G」の両親は既に死亡しているため妻Gの兄「H」に相続権が及びますがHも死亡しています。兄「H」が妻「G」よりも先に死亡していた場合は、代襲相続人として兄Hの子「J」が相続人となり、後に死亡した場合は数次相続により兄Hの妻「I」も相続人に加わります。

一方、Aの血族については、両親が死亡しているため兄「B」が相続人になります。上記と同様に兄「B」が死亡していた場合はBの妻子にまで相続権が及びます。

上記の図の法定相続分の割合

○妻Gの兄「H」が妻「G」よりも先に死亡した場合

妻Gの兄Hの子「J」 4分の3
被相続人Aの兄「B」 4分の1

○妻Gの兄「H」が妻「G」よりも後に死亡した場合

妻Gの兄Hの妻「I」 8分の3
妻Gの兄Hの子「J」 8分の3
被相続人Aの兄「B」 4分の1

このように、子がいない場合や数次相続が発生した場合は相続の当事者が増えるため、遺産分割協議の際に難航する可能性が高まります。こういった事態を予防するためには、生前に遺言書や家族信託を利用して財産の承継者を明確にしておき、相続が発生したら数次相続が発生する前になるべく早めに相続手続きを進めることが大切です。

数次相続とは、被相続人の遺産相続手続き(遺産分割協議や相続登記)をする前に、更に相続人が死亡し次の遺産相続が開始されること。
子がいない相続や数次相続に関しまして詳しく知りたい方、また、疑問等がございましたら、相談を随時受け付けておりますので、是非一度ご連絡ください。お電話でのご相談は30分まで無料でございます。多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。まずはあなたの疑問をお聞かせください。声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです。

LINE@相談も受け付けております。

友だち追加数


声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです

相続でお悩みの方は、是非、相模原市矢部駅前の司法書士法人「駅前双葉相談事務所」にご相談下さい。

相続-無料電話相談実施中!

専門的な知識を必要とすることは、悩んでいても先に進みません。まずはお電話ください。解決までの道筋をご案内させていただきます。お電話でのご相談は30分まで無料ですのでご安心ください。多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。

相続-無料訪問相談実施中!

当職が直接お客様のご自宅に訪問し、お話を伺わせていただきます。書面によるご案内ができるため、お客様のお悩み解決までの道筋を、詳細にスピーディーにご案内できます。また、お客様の資料を拝見させていただくことで、気が付かなかった問題点を発見することができます。
※お客様のご自宅が相模原市・町田市以外の場合は、矢部駅からの移動費を頂戴させていただいております。

相続-無料LINE相談実施中!

LINE@でのご相談も受け付けております。

友だち追加数

まずはあなたの疑問をお聞かせください。
声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです。

相模原市 矢部駅前の司法書士法人「駅前双葉相談事務所」