数次相続?!代襲相続?!違いがわからない…そもそも何?

一般的に、相続では故人から配偶者または子供へ相続財産が継承されます。しかし、子供が親より先に亡くなってしまった場合は誰が親の財産を相続するのでしょうか。これを正確に判断するには、数次相続と代襲相続の2つのパターンの相続の違いを知る必要があります。数次相続と代襲相続は非常に似た概念ですが、発生する相続の効果は大きく異なってきますので注意が必要です。

数次相続とは

聞き慣れない言葉の響きですが、一般的な親子間の通常の相続が重なった状態の相続の事です。

事例
生まれた順番通りに亡くなって相続が生じたケース
①父死亡⇒②息子死亡⇒③孫

①の父が土地などの財産を所有していたのにも関わらず、父の死亡時に遺産分割協議などを行っていなかった場合、②の息子の妻も①の父の相続財産である土地を取得する権利があります。なぜなら、②の息子が①の父の死亡時に土地の相続持分をすでに取得しているからです。また、②の息子の遺産分割協議を行う立場を妻と孫が相続によって継承しています。よって相続人は、母、兄弟、妻、孫の4名になり、法定相続分の割合は、母2分の1、兄弟4分の1、妻8分の1、孫8分の1となります。

代襲相続とは

代襲相続が上記の数次相続と異なるのが亡くなった順番にあります。数次相続では相続人が順番に亡くなっていますが、代襲相続では父より息子が先に亡くなるなど順番通りではありません。

事例
息子が先に亡くなり、後に父が亡くなったケース
②息子死亡⇒①父死亡

②の息子がH25年に亡くなっており、①の父がH27年に亡くなっています。②の息子は父より先に亡くなっているため父の相続財産を取得できず、母と兄弟のみで父の相続を行うかのように思えます。しかし民法では「亡くなった息子に直系の血縁者がいるならば、その者に相続させましょう」という考え方を採っております。息子には直系の血縁者、父から見て③の孫が存在します。この孫が先に亡くなった息子に代わり相続する事となります。これを、なり代わって相続をするという意味で代襲相続といいます。代襲相続は①の父の直系親族にのみ行われますので、②の息子の妻は①の父の財産を相続することはできません。③の孫が本来父の相続人であった息子の相続分を全て相続します。よって相続人は、母、兄弟、孫の3名になり、法定相続分の割合は、母2分の1、兄弟4分の1、③孫4分の1となります。

ポイント

数次相続では②息子の妻も③孫と共に①父の相続人となるが、代襲相続では妻は①父の相続人とはならない。

数次相続・代襲相続に関しまして詳しく知りたい方、また、疑問等がございましたら、相談を随時受け付けておりますので、是非一度ご連絡ください。お電話でのご相談は30分まで無料でございます。多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。まずはあなたの疑問をお聞かせください。声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです。

LINE@相談も受け付けております。

友だち追加数


声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです

相続でお悩みの方は、是非、相模原市矢部駅前の司法書士法人「駅前双葉相談事務所」にご相談下さい。

相続-無料電話相談実施中!

専門的な知識を必要とすることは、悩んでいても先に進みません。まずはお電話ください。解決までの道筋をご案内させていただきます。お電話でのご相談は30分まで無料ですのでご安心ください。多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。

相続-無料訪問相談実施中!

当職が直接お客様のご自宅に訪問し、お話を伺わせていただきます。書面によるご案内ができるため、お客様のお悩み解決までの道筋を、詳細にスピーディーにご案内できます。また、お客様の資料を拝見させていただくことで、気が付かなかった問題点を発見することができます。
※お客様のご自宅が相模原市・町田市以外の場合は、矢部駅からの移動費を頂戴させていただいております。

相続-無料LINE相談実施中!

LINE@でのご相談も受け付けております。

友だち追加数

まずはあなたの疑問をお聞かせください。
声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです。

相模原市 矢部駅前の司法書士法人「駅前双葉相談事務所」